You have to be at least 18 years old to use our website
Are you already 18 years old?
Yes
No
Shopping Cart (0 Items)
Subtotal
0
ProductDetailQuantityUnit PriceTotal
Your cart is empty!

会社概要 - シャトー・ゼガーニは、政治的にも文化的にも偉大な功績を残すとともにグルジア共和国のブドウ栽培の創始者でもあるアレクサンダー・チャフチャバーゼ王によって1820年に造られたワイン農園です。シャトーはグルジアの主要ワイン生産地域であるカヘティアに位置しています。現在では地域でのワイン作りの開発を研究するための素晴らしい歴史的、建築的資産であり、その過程において多大にフランスの影響を受けている痕跡が見受けられます。アレクサンダー・グラスヤノヴィッチ・チャフチャバーゼ王は彼がフランスから帰国して間もない19世紀初頭のフランスワインのシャトーで主流だった様式でワイン農園を構築しました。

 

私たちはヨーロッパで培われてきたワイン造りを深く、高く評価し、グルジアの伝統的なワイン造りと融合させています。

 

私たち、タトゥラシヴィリファミリーはシャトー・ゼガーニを所有しており、ブドウの木を育てる最初の行程から一貫してすべてのワイン造りを行っています。私たちのワインにはシャトー・ゼガーニの近隣の畑からワイナリーに届く新鮮なグルジアのブドウ品種のサペラヴィとアルカツェテリィ種のみを使用しています。

 

私たちはブドウ栽培においてもこだわりを持って真摯に取り組んでいます。(このことは私たちのワイン造りのすべての段階において行っていることですが)。私たちの農園ではブドウ畑に殺虫剤を使用しません。これはブドウ畑の手入れにより多くの手間をかけなくてなはならないことを意味しますが、私たちは出来映えがよりよくなると考えて実行しています。生産における環境的側面はとても重要な意味をなすため、私たちは何よりもまず手作業を優先し、環境に配慮した素材を使用しています。

 

シャトー・ゼガーニでは収穫、圧搾、熟成、貯蔵、そして販売者の手元に至るすべてのワイン造りの行程を慎重に管理しています。これは私たちが考える一貫して高品質なワインを造るための使命なのです。